mixi GROUP

Governance

リスクマネジメント

リスクマネジメント体制

当社グループでは、リスクマネジメント推進体制の最高責任者として取締役社長を位置づけ、その補佐機関としてリスク管理等担当役員(取締役)やコンプライアンス本部を設置を任命しています。各事業の執行である本部長や当社グループ会社の経営陣は、事業のリスクオーナーとして、事業に伴うリスクに配慮しながら業務執行を行うとともに、担当事業のリスクについてリスク管理等担当役員を含む当社取締役に随時リスク情報の共有を行っております。また、当社が運営する各事業のリスクについて組織横断的に把握・評価し、その結果を踏まえてリスクの低減策を提言するため、リスク管理等担当役員を責任者とするリスク管理委員会を設置しています。リスク管理委員会は、当社グループが継続して行う事業について定期的なリスクのモニタリングを実施するとともに、新規事業やM&Aを実施する場合には事前のリスク評価を実施し、その結果を事業部門にフィードバックしたり取締役会に報告するなどしています。

事業継続計画(Business Continuity Plan:BCP)

当社グループでは、災害に対する備えとして、当社事業の拠点等への影響の大きさに鑑み主として首都直下型地震を想定して、当社の重要事業について事業の継続および事業の早期復旧を図るための事業継続計画(BCP)の整備を行っています。従業員の安否確認システムは随時訓練を行っており、災害時に円滑に運用が行えるように平時より備えております。事業継続計画は、定期的に見直しを行うことで、実効性の向上に努めています。