mixi GROUP

Social

ワークライフバランスの推進

働きやすい環境づくり

■勤務制度
・フレックスタイム
ミクシィでは多様な働き方を尊重するため、フレックスタイム制を導入しています。
2020年3月からは、新型コロナウイルス対策のため、通勤時の混雑を避けてより働きやすい環境を整えるため、コアタイムをこれまでの10時~15時から12時~15時に変更しました。

所定労働時間 10:00~19:00 ※休憩時間は左記就業時間中の1時間
コアタイム  12:00〜15:00

・マーブルワークスタイル
2020年4月の新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受けて、同年6月まで原則オフィスへの出社を禁止し、リモートワーク勤務を行ってまいりました。
2020年7月からは、社会的な経済活動再開に合わせ、感染防止対策を意識したうえで、新たな働き方として多様な生活スタイル・価値観の従業員が高い生産性を実現することを目的に、リモートワークとオフィスワークを融合した「マーブルワークスタイル」を導入しました。

具体的には、オフィスでの出社を基本としながら、週3日までリモートワークの活用を可能※としています。これにより、顔を合わせてミーティングを行う日や、自宅で業務をする日など、業務内容によってリモート/出社のどちらが最適なのか整理する機会になり、より効率的に働くための一助になると考えています。

※業務上必要な場合、また新型コロナウイルス感染時の重篤化リスクがある従業員や子どもの自宅保育が必要な従業員などは一定の条件の下、週5日のリモートワークも可能です

ライフイベントとの両立支援

■育児
・産前産後休暇・育児休業・時短勤務
出産前、出産後も安心して働き続けられるよう、産前産後休業はもちろんのこと、育児休業は子どもが2歳まで、育児短時間勤務制度では子どもが小学校3年生の学年末に達するまで取得が可能です。

・子の看護休暇
小学校就学前の子どもがいる社員を対象に、年次有給休暇とは別に付与している休暇です。対象となる子どもが負傷もしくは疾病にかかり、看護をする場合に年間で最大5日間取得が可能です。

・病児保育・ベビーシッター補助
小学校就学前の子どもがいる社員を対象に、就業時に病児保育やベビーシッター会社、ファミリーサポート等の保育サービスを利用した際の利用料の50%を補助します。

・社内コミュニケーション
子どもがいる従業員同士がコミュニケーションを取りやすくするため、従業員が自発的に社内チャットツール「Slack」内に『kosodate』チャンネルを作り、気軽に子育ての悩みなど情報交換しています。

また、年に数回、昼休憩時間にオフィス休憩スペースにて『子育てグッズ交換会』が実施されています。子ども服やおもちゃ、水遊び用オムツ、おしり拭き温め機など、子どもの成長に合わせて不要になったものを持参し、新たに必要になった従業員がもらう、というもので、現在子育てしている社員だけでなく、妊娠中の方やパートナーが妊娠中という方も参加しています。昼休憩時間に実施されるため、ランチを食べながらの交流も行われます。


2019年11月実施の子育てグッズ交換会の様子

■介護
育児・介護休業法に基づき、介護休暇及び介護休業を取得できます。また、就業規則で介護時短勤務についても制定をしており、1日の所定労働時間を6時間、または会社と社員が合意した時間に変更することができます。

■その他
ミクシィでは「くらしのパートナーシップ」として、暮らしに関わるサービスを提供している各社と、法人特別優待プランの提供契約を締結しています。ミクシィの従業員を対象に、パートナー企業のサービスを特別優待で利用することができます。
具体的には、仕事と家庭の両立をサポートする家事代行サービスや、季節の変わり目に便利な宅配クリーニング、不妊に関する相談や検査・診療ができるクリニックなど、様々な企業とパートナーシップを締結しています。