• 2006/8/ 7
  • 株式会社ミクシィ
  • ニュースリリース

音楽を通じた交流「mixiミュージック」、利用者が20万人に
~音楽ファンの熱意反映、全体公開から1ヶ月未満で~

株式会社ミクシィ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:笠原 健治)は、同社が運営する『mixi(ミクシィ)』上で、音楽情報を共有し交流を楽しむ「mixiミュージック」の利用者が、7月25日に20万人に達したことを
発表しました。

「mixiミュージック」は2006年5月22日、mixiの有料オプション「mixiプレミアム」のユーザーに対して限定公開されたのち、6月28日にmixiユーザー全員に対して公開されました。

「mixiミュージック」の利用者が20万人を超えた7月25日は、当初目標としていた8月21日から約4週間早く、全体公開から1ヶ月未満の27日目でした。

「mixiミュージック」の主なデータ**は以下の通りです。

・1日にアップロードされる楽曲情報数 : 220万
・登録アーティスト数 : 55万
・登録楽曲数: 470万


株式会社ミクシィ代表取締役の笠原 健治は以下のように述べています。

「"mixiミュージック"を、多くのユーザーの皆様に楽しんで頂くことができまして、大変嬉しく思います。 当初から、多くのmixiユーザーの皆様が、音楽をきっかけに盛り上がる様子を見聞きして参りましたが、今回、mixiユーザーの皆様が如何に"音楽好き"か立証することができたように思います。

これからも、この"mixiミュージック"に音楽で盛り上がることのできる情報や機能を更に搭載してゆきたいと思っています。まだ使ったことのない人は、是非一度ためして頂きたいと思います。

今後とも、mixiと"mixiミュージック"を何卒宜しくお願い申し上げます」

以上

*「mixiミュージック」の利用者数は、専用ソフトウェア「mixi station」をダウンロードしたうえで楽曲をアップロードした人数です。「mixi station」は、サービス開始から3ヶ月間で20万ダウンロードを想定していました。

**上記は全て7月25日時点のデータです

ニュースリリース一覧へ戻る