• 2006/12/18
  • 株式会社ミクシィ
  • ニュースリリース

名前欄、性別欄 公開レベル設定についてのお知らせ

株式会社ミクシィの運営するSNS『mixi』では、本日より名前欄、性別欄の公開レベル設定が可能になります。

*この件については、既に11月12日に「運営者からのお知らせ」において実装を予定している旨、記載しています。

株式会社ミクシィ代表取締役社長の笠原 健治は以下のように述べています。

「今回氏名・性別の公開レベルが変更できるようにしたのは、多くの方が利用するサービスとなった『mixi』では、多様化するニーズにお応えするべきであると考えているためです。

現実社会をネット上に投影した世界がSNSとすれば、現実社会において、満員電車の中やすれ違う人全員が名札をつけていることはありません。ですから公開レベルを選べることは、むしろ現実社会に近くなると考えております。

ただし、弊社に寄せられるユーザーの方からは、"小学校の同級生に会えた"、"前の職場の人と再会できた"といった喜びの声が多数寄せられております。名前を全体に公開する以外にも、コミュニティや日記などを通じて、こうした経験を引き続き提供して行くことができればと思っております。

尚、この氏名の記載については現在、ご利用上の注意事項( http://mixi.jp/help2.pl )において注意すべき点をお伝えしています。

また性別の公開範囲の設定は、性別を全体に公開したくない人に配慮させて頂いたものです。

弊社では、今後もユーザーの皆さまの声にお応えしてゆく所存です。」

以上

◆mixiとは:
「身近な友人や、同じ趣味・関心を持つ人との交流」をコンセプトに開発されたソーシャル・ネットワーキング サービス。
現在のユーザー数は660万人(11月12日現在)。

ニュースリリース一覧へ戻る