• 2007/2/26
  • 株式会社ミクシィ
  • ニュースリリース

mixi上でユーザー参加型のドラマ広告を開始
http://mixi.jp/drama_eo.pl

株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:笠原 健治)は、3月1日より同社が運営するSNS『mixi』で、mixi上で展開するユーザー参加型のドラマ広告「mixi x ドラマ」を開始いたします。

「mixi x ドラマ」は、mixi上のWeb小説を軸として、ユーザーと登場人物が「マイミクシィ」として繋がったり、登場人物によるmixi日記を読むことができる、新しい形態の広告です。

mixiユーザーのログイン率の高さを考慮して、高い頻度でコンテンツの更新を行い、商材や企業の認知の向上やファン層の拡大を目的としています。

「mixi x ドラマ」の特長は以下の通りです:

□ 毎日更新されるWeb小説(平日のみ)
□ 登場人物にmixi公認アカウントを貸与し、日記やフォトアルバムを更新
□ 登場人物とユーザーが「マイミクシィ」となることが可能
□ 登場人物への紹介文や、応援メッセージによる参加が可能
□ ストーリー展開にユーザーが参加

□ プロフィールや本文中に関連キーワードによる協賛企業による広告を掲載
□ 登場人物のmixi日記上でサービスの実写など協賛が可能な仕掛けを準備
□ 広告主企業は、登場人物をスポンサー(主人公へのスポンサードは除く)

「mixi x ドラマ」は、株式会社アイメディアドライブ(東京都港区、代表取締役社長:高松 雄康)の協力により実現したもので、第1回目は「日本ラブストーリー大賞」を受賞した、作家原田マハ氏の書き下ろし小説「普通じゃない。extraordinary.」を中心に展開し、株式会社インテリジェンス、花王株式会社、トヨタ自動車株式会社、P&Gグループ、の協賛が決定しています。
尚、今回の主人公は池脇千鶴さんです。

ミクシィは、「mixi x ドラマ」をユーザーの皆さまに楽しんで頂けるコンテンツとして提供すると同時に、同社の広告事業の新たな収益モデルとして注力してゆく所存です。

以上

ニュースリリース一覧へ戻る