• 2007/4/24
  • 株式会社ミクシィ
  • ニュースリリース

自然エネルギーを導入
- 年間約800トンのCO2排出量を削減 -

株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:笠原 健治)は、5月1日より、同社が運営するSNS『mixi』および、IT系求人情報サイト『Find Job !』で使用している全サーバーの電力量205万kWh(キロワット)を自然エネルギーによる発電にすることで、「グリーン電力化」を図ることとします。

これは、日本自然エネルギー株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:三野 治紀)から「グリーン電力証書」を購入し、自然エネルギーによる発電を委託することにより、当社が年間に使用する電力をバイオマス発電、水力発電、風力発 電の自然エネルギーとし、年間約800トンのCO2排出量削減に寄与するものです。

「グリーン電力証書」システムとは、自然エネルギーにより発電された電力を、企業などが環境対策として利用できるようにする仕組みで、発電施設を持たない企業でも環境への貢献が可能になります。

これにより、当社が運営するサービスは、自然エネルギーで動く、環境にやさしいサービスとなります。

当社では、環境に配慮したサービスの提供のみならず、今後『mixi』にて、ユーザー参加型のエコ・プロジェクトを検討していくなど、当社のサービスを通じて社会に貢献できるよう、環境活動への取組みを推進して参ります。

以上

※ 日本自然エネルギー株式会社
2000年設立、国内電力会社11社が出資。自然エネルギー発電所での発電実績を第三者機関の認証を得て、「グリーン電力証書」を発行する「グリーン電力証書システム」事業を展開。
http://www.natural-e.co.jp

※ 同社の自然エネルギー導入企業一覧
http://www.natural-e.co.jp/what/about2.html

ニュースリリース一覧へ戻る