• 2007/11/ 2
  • 株式会社ミクシィ
  • ニュースリリース

『mixi』、SNS情報参照の共通規格「OpenSocial」への賛同を表明

株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:笠原 健治)はGoogle, Inc.が現地時間の11月1日に発表したSNS情報参照の共通規格 「OpenSocial」へ、MySpace, Friendster, hi5, imeem, LinkedIn, Ning, Oracle, orkut, Plaxo, Salesforce.com, Six Apartなどと共に賛同することを表明いたしました。

「OpenSocial」は各SNSが保有する基本的な情報へのアクセス手段(以下、「Web API」)を標準化することで、SNSの情報を活用するソフトウェアの汎用性や移植性の向上を目指した規格で、各SNSがプロフィール情報およびリンク情 報、また新着情報のWeb APIを同一の仕様で提供することを期待しています。

*これらのWeb APIはユーザーの同意に基づいて動作するもので、『mixi』外部から無制限にアクセスを許可するものではありません。

今後『mixi』は「mixiツールバー」などで現在稼働中の自社のWeb APIを、上記の「OpenSocial」仕様に調整して順次公開する予定です。

当社が「OpenSocial」に賛同する背景として、『mixi』と「OpenSocial」との親和性の高さがあげられます。『mixi』では これまでデスクトップアプリケーションや携帯電話向けに各種Web APIを提供してまいりましたが、これらの『mixi』のWeb APIは「IETF RFC 5023」で定められた「Atom Publishing Protocol」に準拠したもので、これは「OpenSocial」がSNSに求めているWeb APIと同様の技術です。

これら『mixi』が採用してきた技術と「OpenSocial」との親和性が高いということと、当社のサービスの方向性と「OpenSocial」の理念が合致していると判断したため、「OpenSocial」への賛同を表明いたしました。

また賛同にあたってのもう一つの重要な背景として、Web APIの標準化に貢献したいという願いがあります。現在さまざまな企業や製品が各種Web APIを公開しているものの、それぞれに技術的な差異があるため技術者への負担が大きく、Web APIを公開する側でも技術選定のコストが大きいといった問題が指摘されております。当社はSNS業界をリードする一企業として、 「OpenSocial」へ賛同することでWeb API標準化を推進し、SNS利用者の利便性向上やインターネット業界全体のさらなる価値の向上に繋げて参りたいと考えております。

当社は今後も、標準技術を用いた『mixi』の外へのWeb API提供にとどまらず、サードパーティがアプリケーションを『mixi』の中で自由に構築・運営できるようなプラットフォームを築いていきたいと考えております。

以上

ニュースリリース一覧へ戻る