• 2008/10/ 8
  • 株式会社ミクシィ
  • ニュースリリース

「安心ネットづくり」促進協議会に発起人として参加

株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:笠原 健治、証券コード:2121、以下 ミクシィ)は、2009年1月に設立予定の「安心ネットづくり」促進協議会に、発起人として参加することを発表いたします。

「安心ネットづくり」促進協議会は、インターネットの利用環境をより良くするための様々な取り組みを実施する組織です。従来、企業や教育機関、 NPO等が個別に行ってきたインターネット利用環境の整備推進に関する取り組みを、民間が主体となり総合的・戦略的に実施することで、質・量ともに向上さ せることを目的としています。

今回の参加に関して、ミクシィ 代表取締役社長の笠原 健治は以下のように述べています。
「ミクシィは、事業活動を通じて、インターネット社会の安全性および健全性の向上に貢献したいと考えております。これまでも、ユーザーの皆さまが安心安全 にご利用頂ける環境づくりや企業・団体と連携した啓発活動等の各種取組みを行ってまいりましたが、今後も、本協議会への参画を始めとして、より積極的に取 り組んでいきたいと考えております。」

ミクシィは、今後も引き続き、事業活動を通じてインターネット社会の安全性及び健全性向上に貢献できるよう取り組みを続けてまいります。

以上

■「安心ネットづくり」促進協議会
2009年1月(予定)に設立する、インターネットの利用環境をより良くするための様々な取り組みを実施する組織。
従来、個別に行ってきたインターネット利用環境の整備推進に関する取り組みを、民間が主体となり総合的・戦略的に実施することで、質・量ともに向上させることを目的としています。

ニュースリリース一覧へ戻る