• 2009/4/ 8
  • 株式会社ミクシィ
  • ニュースリリース

個人の皆さまでもソーシャルアプリケーションの開発が可能に。
「mixiアプリ」オープンβ版公開!

株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:笠原 健治、証券コード2121、以下ミクシィ)は、本日より、「mixiアプリ」の開発が個人の皆さまでも可能になる「mixiアプリ」オープンβ版(http://developer.mixi.co.jp/appli/)を公開いたします。

ミクシィでは、パートナー(他のサービス提供者、開発者)やユーザーの皆さまと共に、『mixi』のサービスを構築するために、mixi Platform の開放を進めております。 「mixiアプリ」は、ソーシャルアプリケーション プロバイダー*の皆さまが、『mixi』のソーシャルグラフ(人と人とのつながり)を利用して、『mixi』内に独自のアプリケーションを開発し、 mixiユーザーに向けて提供することができるmixi Platformの仕組みの一つです。
ユーザーがアプリケーションで利用することを許諾したプロフィール・マイミクシィ関連情報など、SNS ならではの情報を利用して、ソーシャルアプリケーションを開発・提供することが可能です。また、今後、フォトアルバム関連情報などの利用を許可することも 予定しております。

これまでは、「mixiアプリ」パートナー向けβ版として、パートナー申し込みをいただいた法人の皆さまに限定して実行環境と技術仕様を公開し、約300社の法人の皆さまが開発を開始しておりました。
本日のオープンβ版の公開により、「mixiアプリ」の開発を希望される方は、個人の方であってもソーシャルアプリケーション プロバイダーとして、弊社が公開する技術仕様と実行環境をご利用いただくことが可能となります。

■mixiアプリ向けAPI

Person & Friends API ソーシャルグラフ、プロフィール情報
Community API コミュニティ情報
Activities API マイミクシィ更新情報
Persistence API データ永続化
gadgets. io API 外部Webサービス連携

* 各APIはOpenSocialに準拠しております。

また、「mixiアプリ」オープンβ版の公開に合わせて2009年4月23日(木)には、「mixiアプリ カンファレンス 2009」も開催し、「mixiアプリ」のサービス概要、ビジネス展開、本日発表しましたソーシャルアプリケーション プロバイダーの皆さまに対する資金面でのサポート「mixiファンド」についてご説明いたします。

ミクシィでは今後もmixi Platform の開放を通じ、パートナーやユーザーと共同で『mixi』サービスを構築することで、より楽しく便利なサービスを提供してまいります。

以上

*1 ソーシャルアプリケーション プロバイダー:「mixiアプリ」を開発・提供いただける法人・個人の皆さま

■mixiファンド
ミクシィが、ソーシャルアプリケーション プロバイダー(「mixiアプリ」を開発・提供いただける法人・個人)の皆さまに対して、出資・融資・「mixiアプリ」の買い取りなど資金面での支援を実施するファンドです。

■ソーシャル・ネットワーキング サービス(SNS)『mixi』(http://mixi.jp/
2004年2月に提供を開始した『mixi』は、人と人とのつながりをベースとした招待制のソーシャル・ネットワーキング サービス(SNS)です。『mixi』は、ユーザー数が1,630万人(2008年12月31日現在)を超える国内最大規模のSNSであり、コミュニケー ションのインフラにまで成長を遂げています。

■株式会社ミクシィ(http://mixi.co.jp/
株式会社ミクシィは、コミュニケーションを進化させて人々の生活を豊かにすることをミッションに掲げ、ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』とIT系求人情報サイト『Find Job !』を運営しています。

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ミクシィ 広報担当 徳田・小林
【住所】 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル17F
【WEB】 (http://mixi.co.jp/) 【Blog】 (http://inside.mixi.co.jp/blog/

mixi、Find Job !、ミクシィは、株式会社ミクシィの登録商標です。
また、各社の会社名、サービス・製品名は各社の商標または登録商標です。

ニュースリリース一覧へ戻る