• 2009/6/ 1
  • 株式会社ミクシィ
  • ニュースリリース

青少年の健全育成に向けた取組みについて

グリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中良和)、株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:南 場智子)及び株式会社ミクシィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:笠原健治)のソーシャル・ネットワーキング・サービス運営事業者三社は、各社が運営 する「GREE」、「モバゲータウン」及び「mixi」における青少年利用者の保護・健全育成を目指し、また、各社個別の取組みに加えて業界全体の取組み を進展させるために、協力して各種施策を実施して参ります。

三社は、従来から青少年の健全育成に配慮したサイト運営に尽力して参りましたが、利用者による健全なコミュニケーションを維持・発展させるためには、従来からの取組みをより徹底・強化する必要があると考え、協力して以下の事項を実施することと致しました。

1.青少年の健全育成、犯罪・トラブル防止のためのサイト管理・対応の強化・徹底
三社で各種意見交換・情報共有等を行い、利用規約の禁止事項に該当する投稿の削除等、適切な対応の強化・徹底を図り、各社の青少年保護・健全育成のための 施策の効果を高めて参ります。また、サイト健全性向上に向けて、実効性のあるサイトパトロールのあり方について、関係官公庁、弁護士、有識者等の助言を仰 ぎながら、各施策を検討して参ります。

2.年齢確認の確実性を高めるための取組みの実施
各社で年齢認証の確実性を高める施策を検討の上、実施して参ります。また、携帯電話事業者等の第三者の助言を仰ぎながら実効性の高い年齢認証制度の構築を検討して参ります。

3.年齢に応じた利用制限・利用領域の設定
各サイトの特徴を踏まえた上で、年齢に応じて、サイトの利用機能・利用領域に差異を設けます。更に、上記年齢確認と組み合わせることで、より健全なコミュニケーションの実現に努めます。

4.各種啓発活動の強化
サイト上で、利用者の目に触れやすい箇所への説明文言の掲出等を徹底し、サービスの適切な利用方法、青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環 境の整備等に関する法律(青少年インターネット環境整備法)、インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律(出会い系サ イト規制法)等に関する啓発を強化します。また、モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)、安心ネットづくり促進協議会その他外部の各種団体等と 連携して、青少年に向けた普及・啓発活動への取組みを強化致します。

 

以上

■ソーシャル・ネットワーキング サービス(SNS)『mixi』(http://mixi.jp/
2004年2月に提供を開始した『mixi』は、人と人とのつながりをベースとした招待制のソーシャル・ネットワーキング サービス(SNS)です。『mixi』は、ユーザー数が1,683万人(2009年3月31日現在)を超える国内最大規模のSNSであり、コミュニケー ションのインフラにまで成長を遂げています。

■株式会社ミクシィ(/
株式会社ミクシィは、コミュニケーションを進化させて人々の生活を豊かにすることをミッションに掲げ、ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』Webな人の転職サイト『Find Job !』を運営しています。

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ミクシィ 広報担当 徳田・小林
【住所】 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル17F
【WEB】 (/) 【Blog】 (http://inside.mixi.co.jp/blog/

mixi、Find Job !、ミクシィは、株式会社ミクシィの登録商標です。
また、各社の会社名、サービス・製品名は各社の商標または登録商標です。

ニュースリリース一覧へ戻る