• 2011/5/25
  • 株式会社ミクシィ
  • ニュースリリース

バスキュールとミクシィの合弁会社設立について
ソーシャルマーケティングサービスプロバイダー 「株式会社バスキュール号」

株式会社バスキュール(本社:東京都港区、代表取締役:朴正義、以下 バスキュール)と株式会社ミクシィ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:笠原健治、以下 ミクシィ)は、本日、ソーシャルマーケティングサービスを開発・提供する「株式会社バスキュール号」(以下 バスキュール号)を設立いたします。

バスキュール号は、本格的なソーシャル時代の到来とスマートフォンの普及を見据え、ソーシャルグラフ(友人・知人とのつながり)を活かしたマーケティングサービス及びオリジナルメディアを世に送り出してまいります。

これまで両社では、ヘアケアブランド「LUX」(ユニリーバ・ジャパン株式会社)のmixiアプリ「The Actress〜華麗なる女優たち〜」において通算90万人、約4,500万プレイといった実績や、「mixi Xmas 2010」(ミクシィ)では、サービス提供開始から58時間で約100万人、クリスマスまでの24日間で約300万人が登録するという国内では類を見ない規模のソーシャルグラフを活用したマーケティングを実現してきました。

今後、バスキュール号では、バスキュールが持つインタラクティブコンテンツ制作に関するクリエイティブ力や開発力、そしてミクシィが持つソーシャルサービスに関する知見・ノウハウ及び日本最大のSNS『mixi』のソーシャルグラフをより深く融合させることで、ソーシャルマーケティングサービスをさらに拡大していくほか、オリジナルメディアの開発・提供、テレビ・ラジオ等のマスメディアとの連携をはじめとした新機軸のマーケティングサービスを提供してまいります。

■ 株式会社バスキュール号 代表取締役 朴正義 (株式会社バスキュール 代表取締役)

「バスキュールは、デジタルの力で世界をより良くしていくことを目標に、Webコンテンツの企画制作に重心をおいて活動を続けてきました。しかし、アナログ停波やスマートフォンの急速な普及、そしてソーシャルメディアの浸透を背景に、メディアがよりパーソナライズされていく時代のコミュニケーションに積極的に関わっていくためには、ソーシャルグラフを舞台に、人々に愛着を持って毎日利用してもらえる場をつくることにこそ、自分たちの力を集中する必要があるのではないかと考えるようになりました。

マスメディアは企業の広告を届けるため、多くのエンターテイメントを生み出し、人々に夢を与え、社会を豊かにするというシステムを実現し、発展を遂げていきました。あらゆるメディアがネットワーク化される時代においては、開かれたソーシャルグラフをフル活用し、広告に触れたことで自分の毎日がより楽しくなる、友人や家族とのコミュニケーションがより円滑になる。そんな広告と人々のいい関係をつくることができるソーシャルサービスがきっと求められるようになるはず、と考えました。そして、こうしたサービスをつくることが、今だからこそチャレンジすべき目標だとも考えたのです。

ただし、この目標を現実にするには私たちはあまりに微力です。そこで、強い使命感を持ち、リアルな人間関係をベースにした国内最大のソーシャルグラフを運営されているミクシィ社と共同で、この目標に挑戦する会社『バスキュール号』を設立するに至りました。両社のノウハウを共有し、発展させることで、人々に愛されるソーシャルサービスを実現し、これからの新しい広告のカタチを探っていきたいと考えています。

次の広告をみつけるためには、同じ思いをもつ方々とのコラボレーションも不可欠です。ソーシャルを活用する事で、すでに展開しているプロダクトやサービスにさらなる価値を付加したいと考えている企業の皆様、ソーシャルを舞台に人々の心をとらえる新しい創作物を生み出したいと考えているクリエイターの皆様、広がりゆくソーシャルスペースをバスキュール号とともに旅しませんか?次の社会を見つめる皆様からの問い合わせをお待ちしております。バスキュール号の前途にご期待ください。」

■ 株式会社バスキュール号 取締役 新田剛史(株式会社ミクシィ メディアビジネス本部ビジネス推進2部長)

「『mixi』は、現在月間で1,500万を超えるユーザーに利用していただいているサービスにまで成長しています。今後、企業のマーケティング、ビジネスに活用できる新たなサービスや、これまでにないソーシャルグラフを活用した形の広告モデルを世に出していく予定です。

ミクシィでは、広告が友人・知人とのコミュニケーションの起点となり、企業(ブランド)・ユーザーが自然な形で結びついていく形を目指しています。バスキュール社と共同プロジェクトで取り組んできた「mixi Xmas」などでも、友人・知人同士のコミュニケーションを軸に置き、ユーザーに楽しんでもらえる場を提供する中で、マーケティングの新しい形を追求してきました。

ソーシャル時代のマーケティング や広告キャンペーンにおいては、いかに友人・知人同士のコミュニケーションのコンテクストの中で、企業のマーケティング要素を取り込んでいってもらえるかがキーとなっていくと考えています。この際、さまざまなアプローチにより、ソーシャルグラフを通じて感情や情報を伝えていくことで、その効果を何倍・何十倍にも増幅していける可能性があります。

バスキュール社の持つ高いクリエイティブ制作ノウハウと、『mixi』のソーシャルグラフが融合されることにより、ソリューションの幅が大きく広がり、これまでには存在しなかった、新しいマーケティングの形を生まれていくと考えております。

このたび「バスキュール号」を共同で設立することにより、『mixi』のプラットフォームを活用した多様な広告モデルの創出と、ソーシャルマーケティング市場の拡大を図ってまいります。」

以上

■ 株式会社バスキュール号概要  http://www.bascule-go.com/

商号 株式会社バスキュール号 (英語表記:Bascule Go, Inc. )
所在地 東京都港区西新橋3-15-12
設立 2011 年5月25日
資本金 9,750万円
出資比率 株式会社バスキュール66%、株式会社ミクシィ34%
代表者 代表取締役 朴正義(株式会社バスキュール 代表取締役)
役員 取締役 田中謙一郎(株式会社バスキュール 取締役)
取締役 白川英晃(株式会社バスキュール モバイル事業部長)
取締役 新田剛史(株式会社ミクシィ メディアビジネス本部 ビジネス推進2部長)
社外取締役 辻正隆(株式会社ミクシィ メディアビジネス本部 本部長)
事業内容 ソーシャルマーケティング支援
ソーシャルグラフと連携したオリジナルメディアの開発・提供

■株式会社バスキュールについて http://www.bascule.co.jp/

世界中の人々に喜んでもらえるコンテンツを生み出すことを目標に、2000年に設立されたインタラクティブコンテンツ企画制作会社。ユニリーバ「AXE」「LUX」や文科省「キッズワンダープロジェクト」など、エンターテイメント性の高いWebプロモーションコンテンツの企画制作で成果を出している。最近では缶コーヒーブランドのCMを手がけるなど、デジタルをいかしたコミュニケーション全体の企画を担当。東京インタラクティブアドアワードでのベストプロダクション賞、AdfestでのInteractive Agency Of The Yearをはじめ、Cannes、Clio、OneShow、NYADC、D&AD、LIA、Webbyなど、国内外のデジタル広告賞で数百に及ぶ受賞歴有り。

■株式会社ミクシィについて http://mixi.co.jp/

株式会社ミクシィは、コミュニケーションを進化させて人々の生活を豊かにすることをミッションに掲げ、ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』を運営しています

【本件に関する問い合わせ先】
株式会社キャッチボール
担当者名:黒木
TEL:03-6402-5221 / FAX:03-5733-5812 / E-Mail:kuroki@catch-ball.co.jp

株式会社ミクシィ 広報担当 徳田・南部・小林
【住所】 〒150-0011 東京都渋谷区東1-2-20 住友不動産渋谷ファーストタワー7F
【WEB】 ミクシィコーポレートサイト<http://mixi.co.jp/>

mixi、ミクシィ、mixiロゴは、株式会社ミクシィの登録商標です。
また、各社の会社名、サービス・製品名は各社の商標または登録商標です。

ニュースリリース一覧へ戻る