• 2011/9/20
  • 株式会社ミクシィ
  • ニュースリリース

「mixi API SDK for iOS」の提供を開始
「mixiアプリ」をiOS向けクライアントアプリとして開発可能に

株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:笠原 健治)は、本日より、ソーシャルアプリケーション プロバイダー(「mixiアプリ*1」の提供者)向けに、「mixi API SDK*2 for iOS」<http://developer.mixi.co.jp/appli/spec/ios/introduction/>の提供を開始いたします。

「mixi API SDK for iOS」はiOS向けのクライアントアプリ開発キットです。本開発キットを用いることにより、「mixiアプリ*1」の提供者の皆さまは、『mixi』上の人と人とのつながり(ソーシャルグラフ)や、『mixi』へ投稿された情報を利用した「mixiアプリ」をiOS向けクライアントアプリとして開発することができます*3。これにより、カメラ機能や位置情報、タッチパネルなど、よりiOS端末の機能と連携した「mixiアプリ」を開発いただくことが可能となります。

また、Android™向け同様、iOS向けクライアントアプリとして開発された「mixiアプリ」でも、アプリ上から直接『mixi』でつながる友人へ、自分が参加するアプリへの招待を送ることができるようになります。

なお、「mixi API SDK for iOS」は、「mixiアプリ」の開発だけでなく、mixi Graph APIを使ったiOS向けクライアントアプリの開発にも利用することが可能です。これにより、つぶやき(mixiボイス)や日記をはじめとした『mixi』のデータを活用したiOS向けクライアントアプリを開発いただくことも可能です。

【参考】iOSクライアントアプリ「mixiアプリ」サンプル画像

「mixiアプリ」登録画面

「mixiアプリ」から友人招待画面

ミクシィでは、今後もmixi Platform の開放を通じ、パートナーさまやユーザーの皆さまと共同で、『mixi』サービスを構築し、より楽しく便利なサービスを提供してまいります。

以上

※1 mixiアプリ
ユーザーの皆さまが、友人(マイミクシィ)と一緒に、ゲームや便利ツールなどを通じたコミュニケーションを楽しむことができるソーシャルアプリケーションサービスのこと

※2 SDK
Software Development Kitの略称(ソフトウェア開発キットのこと)

※3 iOS向けクライアントアプリ版「mixiアプリ」の開発手続き
事前に申込みの手続きをお願いしております。

詳しくはmixi Developer Centerの「スマートフォン対応申請」<http://developer.mixi.co.jp/appli/com/lauch/smartphone/>をご確認ください。

■ソーシャル・ネットワーキング サービス(SNS)『mixi』<http://mixi.jp/>
2004年2月に提供を開始した『mixi』は、実社会でつながる友人・知人と、便利に楽しくコミュニケーションしていただけるソーシャル・ネットワーキング サービス(SNS)です。ユーザー数は、2,471万人、うち月間利用者数は1,535万人(2011年7月現在)を超えており、日々活発にご利用いただくコミュニケーションのインフラにまで成長を遂げています。

■株式会社ミクシィ<http://mixi.co.jp/>
株式会社ミクシィは、「全ての人に心地のよいつながりを提供し、誰もが主役になれる世界を創造する」ことをミッションに掲げ、ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』を運営しています。

■本件に関するお問い合せ
株式会社ミクシィ 広報グループ
【住所】 〒150-0011 東京都渋谷区東1-2-20 住友不動産渋谷ファーストタワー7F
【WEB】 ミクシィコーポレートサイト <http://mixi.co.jp/>
【BLOG】 mixi公式PRブログ <http://pr.mixi.co.jp/>

mixi、ミクシィ、mixiロゴは、株式会社ミクシィの商標または登録商標です。
また、各社の会社名、サービス・製品名は各社の商標または登録商標です。

ニュースリリース一覧へ戻る