• 2015/1/14
  • 株式会社ミクシィ
  • ニュースリリース

mixi アカウント追加登録機能を試験的に提供開始
利用意図に合わせてアカウントの使い分けを提案

株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:森田 仁基、以下ミクシィ社)は、本日1月14日(水)より、ソーシャル・ネットワーキング サービス「mixi」において、アカウント追加機能を試験的に提供開始いたします。

本機能は、自分のmixiアカウントに新しいアカウントを追加できる機能です。アカウントを追加することによってユーザーの皆さまはmixiアカウントを2つ保有することができます。今回の試験提供のタイミングではPCとスマートフォンのブラウザ機能で提供を開始し、スマホアプリでの提供は順次対応いたします。
なお、2015年3月頃を予定している正式提供のタイミングでは、ログアウトせずにアカウントを切り替えられる「アカウント切り替え機能」の提供も予定しています。

mixiは、仲の良い友だちとのコミュニケーションに加え、mixiコミュニティを中心とした趣味・趣向での新しいつながりを作ることができます。ユーザーの皆さまより利用用途に合わせて自分のアカウントを使い分けたいというご要望をいただいておりました。
本機能の提供により、ユーザーの皆さまが抱える、利用シーンごとの使い分けをより簡単に行うことができます。まずはユーザーの皆さまのニーズや利用状況を把握するため、試験的な提供を開始いたします。

■アカウント追加機能
■アカウントを複数利用するニーズの例※
 ・「恋愛コミュニティに参加したいけど、友だちにバレると恥ずかしい」
 ・「友だちには知られたくない悩みや病気のコミュニティに参加したい」
 ・「趣味だけに特化したアカウントを作りたい」
 ※mixiユーザーへ実施したアンケート調査で出てきたニーズの一部です。
 
■利用イメージ
 ・仲の良い友だちとのコミュニケーションと趣味のイベント情報の使い分け
 ・学生時代の友だちと会社の同僚との投稿内容の使い分け
 ・音楽の趣味とスポーツの趣味など、趣味毎の使い分け
 
mixiの現状の機能でもグループ機能や投稿範囲の変更を行うことで、使い分けのニーズを満たすことは可能です。ただ、ユーザーの皆さまに負担が多くかかることや運用の負担を考えたうえで、新しいアカウントを追加するという選択にいたりました。

■健全化への対策
ユーザーの皆さまが2つのアカウントをご利用いただけることで、健全化に関してはご心配をおかけしないように対策を準備しております。
本機能で追加されたアカウントは、ユーザーの皆さまには既存のアカウントと同一人物が作成したアカウントであるとわかることはありませんが、mixi運営側では2つのアカウントが同一人物のアカウントであると把握できます。そのため一方のアカウントで違反行為を行った場合、保有している2つのアカウントの両方に対処を行います。

mixiは今後も引き続き、ご利用いただいているユーザーの皆さまに、つながりをつくりコミュニケーションを楽しんでいただけるよう、サービス開発・改善に努めてまいります。
                   

以上


■ソーシャル・ネットワーキング サービス(SNS)『mixi』<http://mixi.jp/>
『mixi』は、「心地よいつながり」を軸としたコミュニケーションの場を提供するソーシャル・ネットワーキング サービス(SNS)です。2004年のサービスを開始以来、多くのユーザーの皆さまに、日々活発にご利用いただいています。

■株式会社ミクシィ<http://mixi.co.jp/>
株式会社ミクシィは、「全ての人に心地よいつながりを」をミッションに掲げ、ソーシャル・ネットワーキング サービス『mixi』、ひっぱりハンティングRPG 『モンスターストライク』等を運営しています。

■本件に関するお問い合せ
株式会社ミクシィ 広報IR
【住所】 〒150-0011 東京都渋谷区東1-2-20 住友不動産渋谷ファーストタワー7F
【WEB】 ミクシィコーポレートサイト <http://mixi.co.jp/>
【BLOG】 mixi公式PRブログ <http://pr.mixi.co.jp/>
mixi、ミクシィ、mixiロゴは、ミクシィの登録商標です。
また、各社の会社名、サービス・製品名は各社の商標または登録商標です。

ニュースリリース一覧へ戻る