mixi GROUP

  • 2021/10/18
  • 株式会社ミクシィ
  • ニュースリリース

ミクシィ、渋谷区の「部活動改革」プロジェクトに参画 11月より全区立中学校合同で実施する部活動「パソコン部」を支援


~教員の負担軽減や少子化に対応した地域での部活動推進に協力~
 
 株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:木村弘毅)は、渋谷区が推進している区立中学校の部活動を地域企業・団体の協力を得て合同で行う新たな取り組み『シブヤ「部活動改革」プロジェクト』に参画します。2021年11月から試験的に開始される初年度は、渋谷区立中学校の全生徒が既存の部活動に加えて参加できる合同の部活動「パソコン部」の立ち上げに際し、当社から講師派遣やコンテンツ提供などの支援を実施します。

dsc_9501__1_.jpg
渋谷区立中学校で展開しているプログラミング教育支援を部活動でも展開

■シブヤ「部活動改革プロジェクト」への参画について
 学校における「働き方改革」推進の必要性の高まりや少子化による生徒数の減少により、子どもたちの部活動を教育現場だけで担うことは難しくなってきており、部活動の地域への移行が全国的に議論されています。
 渋谷区立中学校においても少子化などを背景に、たとえば2021年度のサッカー部の設置は8校中4校にとどまるなど、学校によって希望する部活動がなかったり、人数が少なく、ひとつの学校ではチームが組めなかったりするなどの状況もあります。
 渋谷区ではこうした状況に対し、今年度『シブヤ「部活動改革」プロジェクト』を立ち上げ、生徒のニーズに沿った部活動の設置や教員の負担軽減を考慮した指導体制の構築に取り組んでいます。11月からは試験的に、渋谷区内の企業や団体等の協力を得て、サッカーやダンス、将棋など、生徒が既存の学校内の部活動に加えて参加できる9つの部活動を開始します。

 当社は、2019年度より渋谷区立中学校におけるプログラミング教育を支援しており、オリジナルのプログラミング教材を用いた授業を「総合」や「技術科」において実施するほか、放課後学習の機会を提供してきました。こうした取り組みをもとに、今回、新たに渋谷区が推進する『シブヤ「部活動改革」プロジェクト』に協力し、合同の部活動「パソコン部」に対して支援を行うことといたしました。

■ 今年度の具体的な支援内容
 今年度の「パソコン部」では、当社を含む渋谷区内のIT企業等3社が持ち回りでコンテンツを提供します。当社は2021年11月と2022年2月に、3回ずつプログラミング教育の機会を提供します。

<11月実施概要(予定)>
【内容】
2019年度から渋谷区立中学校で総合の授業や放課後学習で展開しているLuaという言語を用いたテキストプログラミングにじっくり取り組み、個人の進み方に応じて楽しくプログラミングを身につけていきます。キャラクターの動きを関数により制御したり、プログラミングによりアクションゲームを作成し、実際にプレイすることなどができます。

ss007 (1).png

ss014 (1).png
使用するプログラミング学習ソフト 画面イメージ

【日程】 ※3回実施
① 2021年11月13日(土)14:00~16:00
② 2021年11月20日(土)14:00~16:00
③ 2021年11月27日(土)14:00~16:00

【会場】
渋谷区立原宿外苑中学校

【参加生徒数】
20~30名程度

<2月実施概要(予定)>
【内容】
今年度下期に渋谷区立中学校全校の技術科で実施予定のPythonを用いた学習を部活動として取り入れます。履修した生徒もまだの生徒も、じっくりとPython言語の習得と作品づくりに取り組んでいただけます。

image14.png

image1.png
使用するプログラミング学習ソフト 画面イメージ

【日程】 ※3回実施
① 2022年2月5日(土) 14:00~16:00
② 2022年2月12日(土)14:00~16:00
③ 2022年2月26日(土)14:00~16:00

【会場】
株式会社ミクシィ 本社セミナールーム
渋谷区立原宿外苑中学校

【参加生徒数】
20~30名程度

来年度に予定されている渋谷区における地域部活動の本格的な活動開始に向けて、当社ではパソコン部においてプログラミング学習のコンテンツ提供以外にも、当社のリソースを用いた支援を検討しています。当社のESG活動における「次世代育成」や「地域への貢献活動」の新しい取り組みとして、渋谷区の部活動改革に協力してまいります。

ニュースリリース一覧へ戻る