自社表現基準綱領

1. 性に関する表現

画像・テキスト・動画等の描写で性欲を興奮・刺激することを目的とするもの、または成人向けとして制作したものについてはアクセス制限対象とする。ただし、必要に応じて注意喚起されているもの、青少年が一般的に抱く疑問やその疑問の解決などに適切な範囲であると考えられるもの、青少年も対象として創作された作品上の表現において社会通念上認められる範囲のものについてはアクセス制限の対象としない。

2. 暴力に関する表現

画像・テキスト・動画等の描写で残虐・凄惨なもの、暴力行為または残虐性を喚起・助長するものをアクセス制限対象とする。ただし、必要に応じて注意喚起されているもの、青少年も対象として創作された作品上の表現において社会通念上認められる範囲のものについてはアクセス制限対象としない。

3. 自殺に関する表現

自殺・自傷行為を助長、または奨励するもの、他人を自殺・自傷行為に誘引するものをアクセス制限対象とする。
ただし、必要に応じて注意喚起されているもの、青少年への教育・啓発を目的としたもの、青少年も対象として創作された作品上の表現において社会通念上認められる範囲のものはアクセス制限対象としない。

4. 犯罪行為に関する表現

犯罪行為や法令に違反する行為、またはそれらを誘引・助長・幇助するものをアクセス制限対象とする。ただし、必要に応じて注意喚起されているもの、青少年への教育・啓発を目的とするもの、または青少年も対象として創作された作品上の表現において社会通念上認められる範囲のものはアクセス制限対象としない。

5. その他、青少年の健全な育成を著しく阻害しうる表現

その他、青少年の健全な育成を著しく阻害する可能性のあるものはアクセス制限対象とする。ただし、必要に応じて注意喚起されているもの、青少年への教育・啓発を目的としたもの、または青少年も対象として創作された作品上の表現において社会通念上認められる範囲のものはアクセス制限対象としない。

2012年1月
株式会社ミクシィ

Page
Top