ミクシィの社会活動

子ども達を見守り、
サポートしていく社会へ

ミクシィは、2004年にソーシャル・ネットワーキング サービス(SNS)『mixi』の運営を始めてから、インターネットというコミュニケーションの世界で、「人と人とのつながり」を提案してきました。

しかし、インターネット上ではメディア特性の理解不足、軽視、ミスコミュニケーションによるトラブルの連鎖が依然としてなくならないのが現状です。ミクシィは、ポジティブなコミュニケーションによって人と人とがつながることで、インターネットを通じて、新たな世界が広がる体験をしていただきたいと考えています。

安心安全なネット社会のために、企業、地域社会、産官学、ALL JAPANで、私たち大人がおかれている立場や役割において、子ども達を見守り
サポートしていく社会に、より安全でポジティブにご利用いただくために、という思いから、社会活動を重ねています。

ミクシィの社会活動

3つの活動を柱に取り組んでいます

安全でポジティブに
ご利用いただくために

インターネットやソーシャルメディア、
IoTへの理解を深め、
ポジティブなコミュニケーションを
育むための啓発活動

安心安全な
ネット社会に向けて

安心安全なネット社会のために、
インターネット業界の一員として、
産官学、ALL JAPANで、子ども達を見守り
サポートしていく社会への取組み

学び×コミュニケーション
を育むために

IT×Co-Creative(共創)×
コミュニケーションのチカラで、
子ども達のワクワク感や学び、
気づきを後押しするための活動

Page
Top