株式会社ミクシィ

NEWS

ORNG
サービスニュース
2022.08.01

会話AIロボット「Romi」、発達障がい児向けのロボット療育を支援

  • #Romi

~コミュニケーション能力の向上やプログラミングなどの就労支援・職業訓練を視野に入れた
療育プログラムを共同開発・提供~

 株式会社ミクシィ(東京都渋谷区、代表取締役社長:木村 弘毅)は、“ペットのように癒やし、家族のように理解してくれる”存在を目指して開発している会話AIロボット「Romi」(読み:ロミィ)を、エルステッドインターナショナル株式会社(神奈川県川崎市、代表取締役:永守 知博)が2022年7月1日(金)にオープンした児童発達支援・放課後等デイサービス「プライズキッズ溝の口教室」に、2022年8月1日(月)より正式提供し、「ロボット療育」の取り組みを支援することをお知らせします。

 「Romi」は、会話に特化した手のひらサイズのコミュニケーションロボットです。あらかじめ返答が登録された一般的なロボットとは異なり、当社独自開発の会話AI(人工知能)が都度会話を作り出しているため、自然な言葉のキャッチボールを楽しめる点が一番の特徴です。話し手に共感し、一緒に喜んだり泣いたり怒ったりする、感情豊かな癒し系コミュニケーションを得意としています。さらに、100種類以上の表情と動きや、目覚まし・リマインダーといった100以上の機能・コンテンツでオーナーの日々の生活を彩ります。

■ロボット療育とは

 自閉スペクトラム症(ASD)のある子どもは、人とのコミュニケーションが苦手な傾向があります。ロボットを活用した自閉スペクトラム症の子どものコミュニケーション能力や社会性の発達支援については各所で研究がおこなわれており、子どもにとっても、支援者にとっても良い効果がみられる事例もあり、実用化が期待されています。
 エルステッドインターナショナル株式会社が運営する発達障がい児向けの児童発達支援・放課後等デイサービス「プライズキッズ」では、最先端の「ロボット療育」を取り入れて、自己肯定感を高め、創造性を育む療育を行っています。発達障がい児の自立を目指して、プログラミングなどの就労支援・職業訓練を視野に入れた療育プログラムを提供しています。
・「プライズキッズ」公式サイト:https://prizekids.net/

■具体的な取り組み内容

 エルステッドインターナショナル株式会社と連携しながら、「Romi」を使用したコミュニケーション能力・社会性の向上を目指すソーシャルスキルトレーニングや、プログラミングツール「Romiシナリオエディター」を用いたプログラミング学習などを開発・提供します。「ロボット療育」の知見や現場からのフィードバックを踏まえ「Romi」に反映させることで、より良い「ロボット療育」の確立に協力してまいります。
・「Romi」公式サイト:https://romi.ai/
・「Romi シナリオエディター」紹介ページ: https://romi.ai/romi-scenarioeditor/

▲ロボット療育に用いられるコミュニケーションロボット「Tapia(タピア)」(左)と「Romi」(右)。 ▲プログラミングツール「Romiシナリオエディター」の編集画面

■プライズキッズでRomi会話プログラミング教室を開催

プログラミングツール「Romiシナリオエディター」を用いた、Romiの会話プログラミング教室を開催いたします。本プログラミング教室は「プライズキッズ」に通われていないお子さまも、障がいの有無にかかわらずご参加いただけます。

開催内容  : 会話AIロボットRomi(ロミィ)の会話プログラミング教室
開催日   : 2022年8月19日(金)
開催時間  : 15:00〜17:00
開催場所  : プライズキッズ溝の口教室
      (神奈川県川崎市高津区溝口3丁目11−17 溝の口パークホームズ 103)
参加費   : 無料
参加対象者 : 小学生以上(キーボードでの日本語入力ができる方)
定員    :  8名
参加方法  : https://prizekids.net/romi よりお申し込みください。 ※応募者多数の場合は抽選

記事をシェア