ミクシィの健全化活動

安心安全にご利用いただくために

パトロール体制

mixiのルール(利用規約)を守って、皆さまに安全にサービスをご利用いただくために、サイトのパトロール をしています。全ての方に安心してご利用いただくために、ルール違反をした利用者の投稿やコミュニケーションに対しては、サイト内で通報いただける機能を設けています。該当者にはmixiより注意喚起や警告、サイトの強制退会措置を行うなど、悪用への抑止を行っています。

人・システムによるパトロール

リアルタイムで対応できる独自の監視ツール
24時間/365日の問い合わせ、パトロール対応

セキュリティシステムの整備

mixiのルール(利用規約)違反をした利用者の投稿やコミュニケーションが発生していないかどうか、安全にご利用いただくためのシステムの強化を行い、サイトの監視活動を行っています。mixi利用規約違反に該当する投稿やコミュニケーションを探知するキーワードによる監視、他の利用者へ不用意にコンタクトし続けるなどの迷惑行為を防止するためのセキュリティチェックを行っています。また、不正行為防止の観点から、mixi登録時には携帯電話による認証を実施しています。

人・システムによるパトロール

不正ログイン対策

複数のインターネットサービスで同じパスワードを使い回していることによって、パスワードリスト攻撃により、不正にログインされている事例がここ数年増えてきています。ミクシィでは、システム・サービス・ユーザーサポートの各面から不正ログインへの対応・対策を進めています。

システム面での対応

不正ログインを監視し、不正ログインが発生してしまった場合は速やかに対処します。

  • システムログの変化などを監視し、攻撃を受けている兆候があった際、速やかに詳細な調査を実施。
  • 不正にログインされてしまっていると判断した場合は、それ以上不正ログインが継続されないよう、パスワードを強制的にリセットするなど、アカウントを保護。

サービス面での対応

不正にログインされた際、ユーザー自身で早期に気づける仕組みを提供します。

  • いつもとは違うアクセス元からログインした場合に、メールにてお知らせするログインアラート機能。
  • いつどこからログインされているかを確認できる、アカウントアクティビティ機能。

ユーザーサポート面での対応

ユーザーとのやりとりを通じて、不正ログインを未然に防ぎ、発生してしまった場合は速やかに対処します。

  • お知らせを通じて、パスワードリスト攻撃対策に一番有効なサービス毎のパスワードの使い分けを呼びかけ。
  • ユーザーからの不正ログインに関するお問い合わせから、不正ログインの有無の調査および対処。

青少年のご利用について

ミクシィでは、社会、他者とのソーシャルな学びを通じて、子どもの成長に合った環境で、コミュニケーション手段としての道具、環境であるインターネットやソーシャルメディア、情報端末を安全に使っていただきたいと考えています。 学齢が低い子ども達が安全に使うためには、親子間のコミュニケーションを通じて、ご家庭に合った方法(使い方やルール)を見つけていただくことも大切です。
子どもたちの年齢や習熟度に応じて利用環境を段階的に整えることで、より安全に使ってほしいという思いから、青少年(15〜17歳)と18歳以上の利用者がご利用いただける機能を分け、サービスのゾーニングをしています。これには、子どもたちのソーシャルスキルが育たないうちに大人が利用するコミュニティゾーンにアクセスすることで、発生してしまうかもしれないコミュニケーションリスク(利用者の被害発生)をうまないためにという思いがあります。

青少年ユーザーのゾーニング

ユーザの年齢によるアクセス制限
広告の非表示などの機能制限