株式会社ミクシィ

SOCIAL

従業員とのかかわり

ワークライフバランスの推進

働きやすい環境づくり

勤務制度

マーブルワークスタイル

新型コロナウイルス感染拡大を受けて、2020年3月から全社的にリモートワークを導入し、同年7月からはコロナ禍以降を見据えた新しい働き方として、「マーブルワークスタイル」の試験運用を開始しました※1。試験運用では、オフィスでの就業を基本としつつ週3日までのリモートワークを可能とするほか、フレックスタイム制のコアタイムを従来の10:00〜15:00を12:00〜15:00に短縮した制度としていました。

※1 その後の感染拡大状況や行政からの要請に応じてリモートワーク中心の働き方に変更するなど、フレキシブルに対応しています。

試験運用期間中、正式な制度化に向けたルール整備の参考にするため定期的に従業員アンケートを実施しました。回答内容の詳細な検証を踏まえ、2022年4月から部室長がそれぞれのチームの状況に応じて最適な出社回数を選択できるようにし、フルリモートワークも可能としました。さらに、これまで以上に柔軟な働き方を実現するために、フレックスタイム制のコアタイムを正式に12:00〜15:00までとするほか、12:00までに出社が可能な範囲で、日本全国どこでも居住できるようになります。
正式に制度化したマーブルワークスタイルを通じて、従業員の多様なライフスタイルや価値観を大切にしながら、生産性の最大化を目指します。

■ マーブルワークスタイル制度概要
1 部署ごとに最適な出社回数を選択でき、フルリモートワークも可能に
2 フレックスタイム制のコアタイムを従来の10:00〜15:00から12:00〜15:00に短縮
 所定労働時間 10:00~19:00(休憩時間は左記就業時間中の1時間)
 コアタイム  12:00〜15:00
3 交通手段を飛行機や新幹線など範囲を拡大し、交通費を上限15万円/月まで実費支給(本年5月より適用)
4 日本全国どこでも居住可能に※2

<対象者>
正社員、契約社員、エキスパート社員、アルバイト

<期間>
2022年4月1日(金)〜

<策定経緯、制度詳細について>
https://mixi.co.jp/news/2022/0309/2227/

※2 12:00のコアタイムにオフィスへ通勤できる範囲に限る

リザーブ休暇

ミクシィでは、 2021年4月より、「ミクシィリザーブ休暇」を導入しました。この制度は、利用できず失効してしまった有給休暇を最大40日まで積み立て、有効活用できる休暇制度です。病気による長期入院や、慶弔、介護/看護などの理由で取得が可能で、取得日数に利用制限がない※のが特徴です。

当社では、個々の従業員のライフステージの変化に柔軟に対応できる休暇制度の導入により、従業員が安心して長期的に働ける環境づくりを目指しています。

※当制度で積み立て取得できる限り

ライフイベントとの両立支援

育児

産前産後休暇・育児休業・時短勤務

出産前、出産後も安心して働き続けられるよう、産前産後休業はもちろんのこと、育児休業は子どもが2歳まで、育児短時間勤務制度では子どもが小学校3年生の学年末に達するまで取得が可能です。

子の看護休暇

小学校就学前の子どもがいる社員を対象に、年次有給休暇とは別に付与している休暇です。対象となる子どもが負傷もしくは疾病にかかり、看護をする場合に年間で最大5日間取得が可能です。

病児保育・ベビーシッター補助

小学校就学前の子どもがいる社員を対象に、就業時に病児保育やベビーシッター会社、ファミリーサポート等の保育サービスを利用した際の利用料の50%を補助します。

社内コミュニケーション

子どもがいる従業員同士がコミュニケーションを取りやすくするため、従業員が自発的に社内チャットツール「Slack」内に『kosodate』チャンネルを作り、気軽に子育ての悩みなど情報交換しています。

また、年に数回、昼休憩時間にオフィス休憩スペースにて『子育てグッズ交換会』が実施されています。子ども服やおもちゃ、水遊び用オムツ、おしり拭き温め機など、子どもの成長に合わせて不要になったものを持参し、新たに必要になった従業員がもらう、というもので、現在子育てしている社員だけでなく、妊娠中の方やパートナーが妊娠中という方も参加しています。昼休憩時間に実施されるため、ランチを食べながらの交流も行われます。

2019年11月実施の子育てグッズ交換会の様子
2019年11月実施の子育てグッズ交換会の様子

介護

育児・介護休業法に基づき、介護休暇及び介護休業を取得できます。また、就業規則で介護時短勤務についても制定をしており、1日の所定労働時間を6時間、または会社と社員が合意した時間に変更することができます。

その他

ミクシィでは「くらしのパートナーシップ」として、暮らしに関わるサービスを提供している各社と、法人特別優待プランの提供契約を締結しています。ミクシィの従業員を対象に、パートナー企業のサービスを特別優待で利用することができます。
具体的には、仕事と家庭の両立をサポートする家事代行サービスや、季節の変わり目に便利な宅配クリーニング、不妊に関する相談や検査・診療ができるクリニックなど、様々な企業とパートナーシップを締結しています。

オフィス

ミクシィは、2020年3月に渋谷スクラブルスクエアに本社を移転しました。
新オフィスのコンセプトは、コーポレートミッションでもある『For Communication』(全てはコミュニケーションのために)に設定。さらに、このコンセプトを実現するために3つの項目を立て、それぞれの役割が果たせる設備・環境にデザインしています。

渋谷スクランブルスクエア新オフィス
渋谷スクランブルスクエア新オフィス

新オフィスの3つの”UP”

  • “思い立ってすぐに会うため”の「Meet Up」
  • “オンオフの切り替えをするため”の「Switch Up」
  • “アイデアを生むため”の「Dream Up」

ミクシィ新本社オフィスは、第33回 日経ニューオフィス賞 ニューオフィス推進賞
 <クリエイティブ・オフィス賞>を受賞しました。

新オフィスについては、当社採用情報「働く環境」のページもご覧ください。

日経ニューオフィス賞

ABOUT MIXI